タクシーの乗客としての泥酔者について。

タクシー
スポンサーリンク
タクシードライバーをしていると切っても切り離せないのが泥酔者です。

今回は泥酔者に対しての私の対応と感想をのせたいと思います。
泥酔」とは…正体をなくすほど、ひどく酔うこと。
です。by goo辞書
一言でいうとそこまで呑むな!!です。

危ないですよ。
女性はもちろん、男性も危ないです。
身の危険はもちろんのこと、強盗にあったりもするかもです。
まぁ、タクシードライバーからすると他の意味で勘弁してくれです。

ちょいちょいニュースになりますが、
泥酔者によるドライバーへの暴行事件。
酔っているがゆえに気が大きくなって…ですかね。
ニュースになっていないだけで
大なり小なりしょっちゅうあります。
私はまだ、暴行をされたことはないですが、
セクハラはあります。
前に少し触れましたが、
後ろから首筋を触られました。
でもこれはセクハラというか
暴行と言ってもいいかもしれません。

この時は乗客に毅然とした態度で
「これ以上されると警察を呼びます。車内映像は撮っています」
と警告すると大人しくなりました。
街中を走っていたので何かあればすぐ警察は来てくれます。
山奥だったらどうしましょうかね?

しかし…タクシードライバーが嫌がるのは…
嘔吐ですね。
これは、ほんんんんっとに嫌です
その日の売り上げが減ることを意味します。
片づけをする時間もちろんお客様を乗せれません。
そして、その間の金額を嘔吐したお客様に請求できるかというと
出来ません。

お客様から「運転手さんごめん…」
と差し出されたら受け取りますが、
こちらから、「保証金、清掃費用として〇〇円お支払いお願いします。」
とは言えません。
もらうことは出来ません。

私は、明らかに泥酔している人を一人で乗せることはありません。
きっぱり断ります。
車内を汚されるのが嫌というのもありますが、
泥酔者は、ご自宅を聞いても今一つはっきりしない場合が多いです。
乗るときに明らかにやばいな~と思ったら

「ご住所を入力しますのでお願いします。」と言って
「あ~〇〇町?〇〇町の方に行って~」
「〇〇町の何番ですか?」
「………〇〇町……」
はいアウトです。
会話が成立していません。
このような方を乗せると家は分からないは、
暴れる可能性がある、嘔吐の可能性がある、降りない。
挙句〇〇町付近に着いたら
「高い!!」とか「ここどこや?」
などが始まります。

まぁ大体会話を成立させるまでもなく
乗る前に千鳥足なのでその時点で
一人で立つことが困難なのでアウトです。
私は泥酔者には厳しいです。
自分の身を守るためには仕方ないと思います。
しかし、女性の泥酔者にはとてもありがたがられます。

以前、泥酔した女性客に暴行したタクシードライバーがいたって
事件がありましたもんね…。
女性ドライバーだととても安心して乗れるそうです。
また、私の運転はとてもソフトなので
よく酔客からは酔いにくいからいいと言われます。

そんなこんなな泥酔者。みなさんお酒は程々に。
まぁ…私も若いころはお酒で失敗したことがあります。
失敗が許されるのは20代の前半位までだと思いますので、
自分のお酒の許容範囲を把握しておきましょう。

ちなみに、泥酔者は断っても乗車拒否にはなりませんので悪しからず。
乗車拒否について
でのせてます。

ドライバーランキング

日々の出来事ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村

コメント

  1. […] タクシーの乗客としての泥酔者 […]

タイトルとURLをコピーしました