お酒との付き合い方。

タクシー
スポンサーリンク
皆様お酒は好きですか?

私は、好きです☆
仕事のない日は、ほぼ宅飲みで晩酌が楽しみです。
そんな

アルコールとの私なりのお付き合い方法

です。
好きなお酒は、ハイボールです。

好きなこともありますが、カロリー、糖質が低いことが嬉しいです。
さて、タクシードライバーをしている以上アルコールには、
以前より気を付けるようになりました。

出庫前にアルコール検査を必ずします。
事業用自動車の運転者の飲酒運転を根絶するため、平成23年5月1日より、
運送事業者が運転者に対して実施することとされている点呼において
運転者の酒気帯びの有無を確認する際にアルコール検知器を使用すること等が義務化されました。

旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則が改正されて義務となっています。
これを見ると7年前で意外と最近なのだな~と思いました。
朝にドキドキしながら息を吹きます。
下記のようにしっかりと抜くようにしてはいますが
万が一残っていたらと…思うと…。

前に少し触れましたが平成30年秋の全国交通安全運動
私の飲み方は、次の日乗務の場合は、乗務の10時間前には、止める。
もちろん、呑む量にも気を付けます。
大体3杯~4杯にしています。
必ずおつまみをつまみながら、
空腹状態でアルコールを摂取しないようにしています。
呑んだ後は、しっかりと水分を取って寝ます。
途中1度は、お手洗いに起きるのでその際にも水分をとります。
朝にも水分をとります。

これで今のところ朝のアルコール検査には引っかかりません。
このアルコール検査ごく少量でも引っかかります。
一度、勤務後に試したいな~と思ってラムレーズンのチョコレートを一口食べて

お茶を飲んで5分後に測ってみたら微量ですが出ました。
これは…奈良漬けや栄養ドリンクでも引っかかるのでは?
と思いました。

アルコールに関しては調べてみましたが
その人の体格、体調、遺伝、性別等

色々な要素があるのでどれくらいで抜けるのかは人それぞれみたいです。
ちなみにお酒を抜くには、睡眠よりも起きている方が抜けるそうです。
こんな風に注意しています。
ここまで気を使うなら呑まなければいいのでは?
と思われるかもしれませんがささやかな楽しみなのです。

食事とお酒を合わせてちびちびと。
幸い体質的に赤くなりにくい、意識を失うことなく素面状態が続く。
とお酒にそこそこ強い方だと思います。

この仕事についてからお酒の量は減ったと思いますよ。
少なくとも乗務日の12日間~14日間は呑めませんから。
前はもっと呑んでいたことを考えると減りました( ´∀` )

これが1ヶ月分のウィスキーです。
特に銘柄は決めていません。
呑まない銘柄はあります。
某有名チェーンオリジナルウィスキーです。
安いがまずい!!と評判だったので面白半分に購入しました。
呑んだ結果…まずい!!そしてまずかったので
一杯しか呑んで無いのに次の日に半端なく気持ち悪くなった。
二日酔い?私、高熱とか車酔いとかでもしていない限り、
こんな状態になったことないのに…。
安物買いの銭失いでした。
上記のウィスキー類に時折、ストロング系の缶チューハイと
ビールを少々呑みます。

タクシーの乗客としての泥酔者

で触れているようなことにはならないようにこれからも
ちびちびとお酒と付き合っていきたいと思います。

ドライバーランキング

日々の出来事ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村

コメント

  1. […] ルを飲んだ状態での運転で明確に細かく事項が決まっているのは、 車と船舶だけと知りました!! 以前お酒との付き合い方。で触れましたが、 今回はもうちょっと深く記載してみます。 […]

タイトルとURLをコピーしました