車内に防災用品は必要か?

タクシー・車
スポンサーリンク

自宅に防災用品を用意している方は多いと思います。
でも自動車の中に用意している方はどれくらいいるのかな?
ゆとりがあれば車内にも防災用品を用意した方がいいかも。

車内に防災用品は必要か?

自宅に非常時の持ち出し袋を用意している人は多いと思います。
そこまででなくても、ローリングストックでラーメンとかの日持ちする食品を
一定数は家にあるようにしたり、最近は災害が多いのし、メディアなどで取り上げるので、
自宅にはしっかりと用意がある人も増えていると思います。
では、自宅ではない自家用車に用意している人はどれ位いるか?です。
おそらくほとんどいないのではと思います。
でも、自家用車にこそ少量でいいので用意をしておく必要があるかもしれません。

何故かというと…
・車内にいる時に災害に遭うかもしれない
・数日車内で過ごすことになるかもしれない

この2点があります。

台風などは、事前に進路予測がありますので避けることはできます。
でも、地震はいつ起きるか分かりません。そんな時にすぐに家に帰れる状況だといいのですが、
遠方だったり、自宅倒壊の恐れがあったりするとしばらく自宅に戻れません。
そのような時は、車中避難となります。
なので、最低限の物があった方が安心と言えます。

では、どのようなものを用意しておいた方がいいのか?
トランクがあるとは言え、あまり多くの物は置いておけません。
さらに、寒暖差があり特に夏は暑くなるので飲食物を保管するには向いていません。
そのことを踏まえて、長期保存ができ温度の変化にも強い保存食料を用意しておきましょう。
他には、ブランケットやエマージェンシーシートなどの保温できるものがあるといいでしょう。
冬だとエンジンを切ると寒くなります。ガソリンの節約のために、
エンジンを切っても暖かくなるように用意しておきましょう。

懐中電動、携帯トイレも用意しましょう。
これらは、災害時以外にも役立つこともあると思いますのでトランクでなく車内に置いてもいいでしょう。
渋滞の時や夜間に車外から外に出る時に役に立ちます。

緊急脱出用ハンマーも車内に用意しましょう。
急な豪雨で冠水してしまった際に窓ガラスを割れます。

他にも、ウエットティッシュ、軍手、常備薬、メガネ、マスク、充電器などあった方がいいですが、
車内のスペースが限られているのでご自身に必要性が強いものを考えましょう。
面倒だったら、通販などで「防災セット 車」などで検索するとセットで売っています。
これが1つ積んであると安心すると思います。
災害はいつ来るか分かりません。
自宅にいる時以外に起きた場合の備えもあれば安心度が上がると思います。
後は、車内の…と言うよりはガソリンの量に常に気を付けておくとさらに安心度が上がると思います。
あまりギリギリなのは、非常時に動かせなくなるので止めましょうね。
どの防災用品も用意したから安心だけでなく、定期的に使えるかや賞味期限をチェックすることを忘れないようにしましょう。
家に用意するものと同程度の物を準備するには場所を考えなければいけないので、
ご自身が必要とするものをよく考えましょう。

ドライバーランキング

日々の出来事ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました