道路のラインには意味がありますよ。

タクシー
スポンサーリンク

道路のラインの色は、2種類あります。
白色と黄色。直線だったり、破線だったり。
ちゃんと意味はありますよ。

道路のラインには意味がありますよ。

お客様に右左折の直前で車線変更を言われたりします。
いきなりは危険ですし、黄色の車線だったら無理だったりします…。
基本は3種類です。
・白色の実線
・白色の破線
・黄色の実線

の3種類ですね。で、これらを組み合わせて
2重線になっている所もあります。

・白の破線
・白の実線

この2種類はまぁ近い種類です。
車線変更してもいいですし、追い越しても大丈夫です。
ただ、実線の方は出来れば追い越してはだめです。という感じです。
微妙なニュアンスですね。
実線の方は対向車とのセンターラインとして使われることが
多かったりするかな。もちろん、白の車線であっても、
追い越し禁止標識がある場合もあるのでそこは注意してくださいね。

・黄色の実線
これは、車線変更禁止、追い越し禁止です。
正確には、車線からはみ出しての追い越し禁止です。
ですので、原付とかをはみ出さずに追い越すのは大丈夫です。
とは言え、危ないのでギリギリな無茶な追い越しはしてはダメですよ。
追い越し禁止違反は、点数…2点 反則金…9,000円(普通車)となりますので
中々に危険ですので止めましょうね。
例え、前がどれだけ遅い車であっても…。天王寺バイパスとかね……。

そして、この3種類が組み合わせて引いてあるところもあります。
どういうこと?と思いますが、考え方は簡単です。
自分が走行している側の車線を有効だと考えてください。

でも…そもそも結構な割合で、ラインが消えている所ってありませんか。
何のラインが引いてあったんだか分からない場合もありますよね。
取り合えずそんな所は安全運転に気を付けるしかできないですよね。

ドライバーランキング

日々の出来事ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました