脇見運転は何を見ているの?

タクシー
スポンサーリンク

時折ふらっとした運転をする車はありませんか?
運転をする時に何か別のものに気を取られていませんか?

脇見運転は何を見ているの?

事故の原因でよく聞きますよね。
脇見をしていて前を見ていなかった。
衝突事故の原因でよくあるパターンですね。
どのような人でも脇見運転を起こす可能性はあります。
何を見て事故を起こすのでしょうか?
ちなみに、脇見運転での事故は直線道路が多いそうです。
直線でハンドル操作が少なく意識を別の所に
少しそらすだけなら…と思っているのかもしれません。

ちょっと前のニュースで京都で警察車両が、
脇見運転をして事故を起こしていましたね。
その際に見ていたものは、交通事故現場だそうです(-_-;)
追突された人もまさかパトカーに追突されるとは
思ってもいなかったでしょうね…。
警察官ですら事故を起こすのですから、
別のものに気を取られるのは危ないですね。
見通しがいいからちょっと別のものを見ても大丈夫ではなくて、
どの様な時にも注意をしなければいけないですね。

脇見は意識が運転からそれることです。
何にそれていることが多いのでしょうか?
・外の景色、様子
・カーナビの操作、注視
・車内の足元に落ちたもの、助手席のものを取ろうとする
・携帯電話の操作

等が主な脇見運転での事故原因になります。
タクシードライバーでしたら…
お客様がいないかどうか歩道に脇見をしていて…
というのもありますね。

脇見運転で事故を起こしてしまった場合は内容にもよりますが、
安全運転義務違反となります。
点数…2点 反則金…9,000円(普通車)です。

「あれ何だろう?」
「助手席に置いたペットボトルを取ろう」
「カーナビがうまく動かない…」

など運転中は気になることがあっても、
運転をすることに集中しましょう。
どうしても別の事が気になったら、
安全な場所に駐停車してから行いましょう。
脇見運転での事故は大概が追突事故になります。
他者に迷惑をかけてしまいスピードによっては
死亡事故につながりますので決してしないようにしましょう。

……といいながらもタクシードライバーからすると、
お客様がいるかどうか流している時とかは、
脇見運転ですよね…。安全に最大限配慮しながら、
歩道や車道端だけを見るのでなく、
道路全体を見ながら運転をしたいと思います。

ドライバーランキング

日々の出来事ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました