タクシーの防犯設備について。

タクシー
スポンサーリンク

「こんなん役にたつの?」
時折言われます。
運転席後ろの防犯ボードです。
苦笑いしつつ、
「んー…ないよりは…でも、後ろから首筋触られたことありますけど^_^;」
今回は、

タクシーにおける防犯設備についてです。

はい、上記の通りあまり役にたちません。
実際触られますし、隙間がありまくりです。
「もう、お金のやり取りをする穴だけにしたらいいのに」
と言われます。日本は治安が安全な方ではありますが、
酔われた方や乱暴な方はいます。
つい最近ですと、東京で元プロレスラーに暴行を受けた事件がありましたね。
少し前ですと、北海道で防犯ボードを足で蹴って壊した弁護士もいました。
ニュースにならないだけで毎日のようにタクシーの運転手に対して
何らかの事件はあるのが実情だと思います

防犯ボードは、意味が薄いとして(笑)、
他の防犯設備はどうなのでしょうか?
今、付いていないタクシーはないでしょ。
ドライブレコーダー!
これは、一定の効果があるのではないでしょうか?
車内側と車外側を録画、録音しています。
これがあるので、お客様が言いがかりをつけてきたときなどに証拠として残ります。
最近は、映像がくっきりきれいに残ります。
ニュースとかでちょいちょい流れますね。
このようテレビに流れると、
「あーーータクシーってちゃんとドライブレコーダーがあるんだ…」
と広く世間に認識されることになります。

他は、何かあった時のレバー?ボタン?取り合えずそれを押すか作動させると…
前の表示がSOSになり、上の行灯が点滅するのかな?
すみませんうろ覚えです…。
私は今の所使ったことがありません。
間違って誤作動をさせたことはありますが(笑)
これを作動させると…取り合えず面倒です。
あまり詳しく言うと防犯に役に立たなくなるかもしれないので
詳しくは言いませんが。

後は、会社からは何かあったらお金より、安全第一で!!
と言われています。
当たり前ですな(笑)
私自身、強盗に合ったりしたら、小銭入れを投げつけて
車の防犯装置を作動させるつもりです。
そして、車のカギを抜いて走って逃げます。
車のカギを抜くのは、車を盗まれるのを防止するためです。
車のカギを抜いたらエンジンが止まるので防犯装置や、
GPSも切れてしまいますが
車を盗まれて、それで事故や犯罪をされては大変です。

これから年末にかけて、強盗が多くなると言われます。
出来る強盗に会うことなく無事に年末年始を過ごしたいと祈ります。

ドライバーランキング

日々の出来事ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村

コメント

  1. […] 記の様にタクシー車内で起こる犯罪について ざっくりと説明しました。 以前タクシーの防犯設備について。で タクシーの安全性も説明しましたが、やはり危険はつきものなのだなぁと […]

タイトルとURLをコピーしました