シートベルトの装着をお願いいたします。

タクシー
スポンサーリンク

運転をする時は必ずシートベルトをします。
助手席にお客様がご乗車される時は必ず装着をお願いします。
それ以外の席も出来る限り装着をお願いしています。

シートベルトの装着をお願いいたします。

最近は後部座席のお客様もシートベルトをしていただける方が
増えてきたように感じます。
シートベルトを必ず装着しなければいけないのは、
運転席と助手席だけではないですよ?
後部座席でもシートベルトの装着は義務付けられています。
道路交通法71条 3
自動車の運転者は、道路運送車両法第三章及びこれに基づく
命令の規定により当該自動車に備えなければならないことと
されている座席ベルトを装着しないで自動車を運転してはならない。
(一部略)
という感じで全座席に装着の義務があります。
装着しなければどのような罰則があるのか?
後部座席シートベルト装着義務違反
高速道路…1点
一般道では罰則なし。
(助手席・運転席は一般道路であっても1点)

てな感じで高速道路では罰則があります。
しかし実際に取り締まられることはまれでしょう。
そして、そんなシートベルトですが本当に必要なの?
と思われるでしょうが、ご自身の安全を守るために
後部座席でも必要です!!
警視庁のシートベルト着用に関する統計資料(平成30年度)によると
シートベルト非着用時の致死率(死傷者数に占める死者数の割合)は、
着用時の場合の約14.7倍高くなっています。
シートベルトをすることで、
後部座席に座っているひとだけでなく、
前の座席に座っている人の命も守ることになります。
事故を起こした際に、その衝撃でシートベルトがないと体が
前へ飛ぶかもしれません。
それによって前の人にぶつかるかもしれません。
体が小さな子どもさんでしたらなおのことです。
車のスピードが出ていたら車外に放り出されてしまうかもしれません。
車外は大概コンクリートですそんな所で体を打ってさらに、
後方から車が来るかもしれません。
そのような危険性がぐんと減ります。

最近の車ですと、運転席はもちろん助手席に人が座って
いてシートベルトをしていないと警告音がなります。
とても分かりやすくていいシステムだと思います。
もう少ししたら、後部座席でもこのシステムが
搭載されるそうです。
でも…シートベルトが嫌でシートベルトを背中に回して
その上に座る人がいます。
安全性のためにも絶対に止めて下さい。

一部除外される人もいます。
1.妊娠・負傷・障害でシートベルト装着ができない
2.著しく肥満・座高が高い又は低く体型的に装着ができない
3.初めからシートベルトが無い車
4.乗車人数内ではあるが子ども等の乗車によりシートベルトの数が足りないとき
5.郵便の配達中・ゴミ収集中
6.消防車、パトカー等、緊急自動車を運転するとき
7.人の命、危害を及ぼす行為の警戒をする職務を行う場合
8.選挙カーに乗る候補者・運転員

そうですよねーな場合から、
えっそんな人もまでの除外ですね。
選挙カーって…。
でも妊婦さんでも出来る限りした方がいいらしいです。
ちゃんと着用方法を守ればした方が安全です。

このようにシートベルトの装着はご自身の安全と
車内すべての人の安全を守ることになります。
後部座席であってもしていただけると幸いです。

ドライバーランキング

日々の出来事ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました