歩行者妨害はしませんよ。

タクシー
スポンサーリンク
横断歩道は、歩行者が優先です。

今回は、横断歩道における歩行者妨害の違反についてです。
正式名称は、横断歩行者等妨害等違反です。
違反すると、
普通車で2点、反則金9,000円
上記が課されます。
法律で言うと…“道路交通法第38条第1項”の違反です。

(横断歩道等における歩行者等の優先)
車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合は、
当該横断歩道等を通過する際に、当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする
歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、
横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この条において同じ。)で
停止することができるような速度て進行しなければならない。この場合において、横断歩道等により進路の前方を横断し、
又は横断しようとしている歩行者等があるときは、当該横断歩道の直前で一時停止し、
かつ、その通行を妨げないようにしなければらなない。

まぁ長いのでざっくりというと

横断歩道を横断しようとする歩行者がいる状況で
車両が一時停止しない行為は交通違反である

と、言うことです。
もちろん信号がある場合は信号の表示通りなので今回は信号がない横断歩道の事です。

難しい!!いや、止まるんですよ、もちろん止まるのですが、
対向車が止まらないともちろん歩行者は行けないわけで…
私だけが止まっても向かい側が止まらないのですよ。
そうすると、後ろから何で止まっているのだとクラクションを鳴らされたり、
後ろの車が何で止まるんだと、抜かそうとするわけで…
逆に歩行者を危険にさらすのです。
これは、どのドライバーも全員が止まる意識をもっていればいいだけの話なのですけど。
止まると、原付とかが横をすり抜けますし。
そして、止まった後も問題が…
歩行者さん渡るの?渡らないの??ですよ。
止まりました。しかし…歩行者は横断歩道の手前で立ち止まります。
渡るの??渡らないの??分かりません!!
スマホを見ている?考え事をしている?そもそも渡らない?
こっちをちらっとでも見てくれたら、渡ってと手でエスコート的な合図をできますが、
スマホを見ていてふっと前を向いて歩きだす。このパターン…。
これで私が先に行ってしまうと歩行者妨害になってしまうのですよね。

空車の時は、いくらでも待ちますよ。
でも、実車中はお客様が乗っていて停車中も料金がかかってしまう訳で…
足が不自由とかでゆっくりな場合は、ゆっくりでもちろん構いません渡ってください。
でも、逆に車を先に行かせようとしないでください。
こちらが歩行者妨害を取られます。歩行者の方が手で先に行ってと指示しても
違反を取られる可能性があります。

実車中に横断歩道手前で停車したら、
お客様「何で止まってんの?」
「歩行者の方がいらっしゃるので」
お客「渡るかどうか分からんやん、いきーや」
と言われたこともあります。

この信号のない交差点の歩行者優先ルールはかなり徹底しないと
違反だけでなくさらなる事故を呼び起こす問題です。

車も歩行者も道路を歩くときはしっかりとルールを守りましょう。

ドライバーランキング

日々の出来事ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村

コメント

  1. […] 以前、歩行者妨害はしませんよ。で触れましたが、 歩行者優先で守らなければ罰則があります。 このハンドサインがあれば、お互いに意思を 伝えられるので渡ってねと伝えやすいです […]

タイトルとURLをコピーしました