こがない自転車?いえ、原動機付自転車です。

タクシー・車
スポンサーリンク

最近やたらに早い自転車を見かけます。
でも、よーく見ると…ちょっと違う??
その自転車は、普通の自転車じゃないです。

こがない自転車?いえ、原動機付自転車です。

日々街中をタクシーで色々な所を走っています。
最近ちょいちょい目に入ってくるものがあるんですよー。
やたらと速い自転車(?)。そんなにタイヤとかは大きくなくて、
折りたたみとか小型自転車な感じの外観ですーっと走っていく。
最初は、電動自転車かな?と思ったけど…よく見ると、
乗っている人は全くペダルをこいでいません。
坂道でも、こいだ余力で進んでいるわけでもなく、運転手はただサドルに座っているだけで進んでいます。
でも、自転車のペダルもあるし……と言うことでちょっと調べてみましたら、
「モペット型電動自転車」と言うものらしいです。
どの様な物かと言うと……
ペダル付きのオートバイで、エンジンや電気モーターなどの原動機だけで走行することも、ペダルをこいで人力だけで走行することも可能な車両の総称である。
なるほど…ということで、日本では、自転車扱いでなく原動機付自転車になるものです。

………??はて…私が見たものには、原動機付自転車に必ず必要な、
ナンバープレート、ライト、ウィンカーや運転手のヘルメットとかは見ていません。
はい、と言うことは違反です。
電動アシスト自転車は、人間がこぐ力を手伝いますが、
モペットは、全くこがなくても進みます。
商品にもよりますが、最高速度が時速45km位のものもあるみたいです。
このスピードは結構怖いです。

モペットですが実は歴史が古いみたいです。
戦後位にエンジン付き自転車「バタバタ」と言うものが出たそうです。
自転車をこがなくてもスムーズに走ると人気になったそうですが、
事故などが相次ぎ危ないと言うことで、こぐものを自転車、エンジンが付いたものを原動機付自転車と分けることになったと。
本当に最初は、ペダルの付いた自転車にエンジンを付けたものだったのですね。
そこから、ペダルのない原動機付自転車になって…そして、
今は、電気で走るモペットが再び流行りだしてとなっているみたいです。

しかし、事故も起きています。
昨年大阪市中央区でモペットに男性がはねられて足を骨折する事故が起きています。
そのモペットは、原動機付自転車に必要な装備はついておらず、
もちろん自賠責保険などにも加入していませんでした。
大阪府警では、2017年6月から2019年末までの2年半の間で、
道交法違反(無免許運転・整備不良)容疑で615件の警告を出したそうです。
モペットを原動機付自転車だと認識していない人が多いみたいです。
ネット通販で見ると、5万円位から手に入ります。原付を購入するより安いです。

モペットは確かに手軽に楽に移動できる手段です。
でも正しい装備を取りつけて、原動機付自転車が運転できる免許を持っていなければいけません。
密を避ける手段で流行っているのかもしれませんが、
本当に危険ですから正しい乗り方で乗ってくださいね。
……難波の路地裏から飛び出してくるのは本当に怖いからやめてね。

ドライバーランキング

日々の出来事ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました