枯葉に注意しましょう。

タクシー
スポンサーリンク

秋も終わり、道端には秋の名残の葉っぱが落ちています。
路上が色とりどりで綺麗だと思うだけでなくて
危険なことになることもあります。

枯葉に注意しましょう。

段々と寒くなってくると、
秋には綺麗に色づいていた紅葉も
落葉して道路に落ちて枯葉となります。
それはそれは、色とりどりの路上となって
綺麗ですよね。御堂筋のイチョウ並木とか
黄色の道路になって綺麗ですけど、
この枯葉は一つ間違えると危険なことになることもあります。

枯葉でスリップすることもあります。
枯葉でスリップ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
事故が起きていることもあります。
乾燥していてパリッパリだったらスリップの確率は低いですが、
それが積もり積もっていたら、表面は乾いていても
堆積している部分は湿っているかもしれません。
そうすると、スリップするかもしれません。
さらに葉っぱで見えなくなっていますが、
そこにマンホールや溝があればさらに滑るかもしれません。

このように堆積していなくても、
枯葉の上に雨が降ったり、
朝晩の寒暖差で湿っていたりすると、
堆積していなくてもスリップの可能性があります。

また、イチョウやツバキの葉っぱは、
落葉すると葉っぱから油分が出てくることがあります。
その油分が水に流れていると滑りやすくなります。
一枚だとたいしたことのないものでも、
大量の落葉がありそこに雨が降ると…危険ですね。
濡れた落ち葉に、油分の浮いた水たまり。
冬の凍結した道路と同じくらいに危険だと思います。

落葉した葉っぱは、それ自体がスリップの危険にもなりますが、
スリップを引き起こすものを生み出すことにもなります。

私が以前経験したことですが…
勤め先が山奥で原付で通勤していたのですが、
道路脇の側溝が落ち葉で塞がれていて、
いつもはちょろちょろと流れている
山からの水が詰まって道路に流れ出していました。
それが、とても寒い早朝に凍結してスケートリンクのようになっていました。
普段は凍結をめったにしない道路なのでものすごく驚きました。
さらに山なので坂道になっているので事故必死でした…。
私は、慎重に…慎重に…低速で出来る限りまっすぐで、
アクセルを一定にしてブレーキもそのエリアではせずに
すむようにと…運転して難を逃れたのですが、
私の5分後に来た同じ職場のお姉様は滑って原付ごと
倒れて打ち身とバイクの破損をしていました。
冬の原付で厚着でスピードを出していなかったので
たいしたケガにはなりませんでしたが。

これは本当に怖い経験でした。
落ち葉で塞がれていなければいつもは気にもしていいない
側溝に流れている水も凶器に変わりました。

このように普段はなんて事のない枯葉も、
ちょっとしたことで事故の原因になります。
枯葉の上を走る時は、十分にスピードを落として
慎重に運転しましょう。

ドライバーランキング

日々の出来事ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました