車の乗車定員は決まっています。

タクシー
スポンサーリンク

大概の乗り物には乗車定員は決まっています。
もちろん車にも乗車定員は決まっています。

車の乗車定員は決まっています。

お客様が手を上げて…
お乗せしようとふと見ると、
人数が多いよね?と思うことってありますよね。
数えてみると大人が3人に子どもが2人合わせて5人…。
普通のタクシー(乗車定員5人[運転手含])ではお乗せすることが出来ません。
子どもが小さいから、ひざに乗せるので大丈夫!!
いえいえ…大丈夫ではありませんよ。

上記の様なお客様が時折いらっしゃいます。
乗車定員をオーバーするので乗せられませんと伝えると、
「前の運転手はそんなことを言わなかった」
「子どもが小さいから大丈夫」
「すぐそこだから」

と言われても定員オーバーですから…。
これが、大人が2人に子どもが3人でしたら、
お乗せすることが出来るかもしれません。

子どもが12歳未満でしたらお乗せすることができます。
子どもさんが2人の場合は、2人計算なのですが、
3人になると、12歳未満×3人=大人2人
という計算になります。
なるほどーですね。
子ども1人=大人1人
子ども2人=大人2人
子ども3人=大人2人
子ども4人=大人3人
子ども5人=大人4人
子ども6人=大人4人
子ども7人=大人5人

……と続いていきます。

つまり、運転手は絶対に大人なので、
5人乗りの車でしたら。
12歳未満の子どもが6人乗れるのかーということになります。
……ぶっちゃけ狭いですよね。幼児ならともかく、
11歳の子どもが6人って後ろに5人?助手席1人?
現実的ではないですよね(-_-;)
いくら定員通りとはいえ、
安全性を考えるとしない方がいいですよね。
最近の大きなファミリーカーで8人乗りだとしたら…
大人1人で子どもは10人まで乗れるということですね。
ちょっとしたミニバスみたいですね。

信号待ちなどで前や横の車を見ると、
明らかに定員オーバーしている車を見ます。
軽自動車で多い気がします。
通常の車は大概5人乗り以上ですが、
軽自動車は最大でも4人乗りです。
見ると…大人が3人に子どもが2人乗っていたり、
大人が4人に子どもが1人とか…
最近の軽自動車は車内が広々していますし、
子どもさんを膝にのせたりしていたら、
問題ない広さなのでしょうがダメですよ!!
ニュースとかで、車の大きさと怪我人の人数が合わないのを見ると、
乗れるからいいや。
大丈夫でしょ!!
事故なんて起こさないし。
と言った軽い気持ちなのでしょうね。

ちなみにこの乗車定員ですが、車検証に記載されています。
その車に備え付けられているシートベルトの数と覚えてもいいです。
運転席、助手席、後部座席×3のシートベルトがあれば、
5人ということになります。

オーバーしていたらどのような違反になるのでしょうか?
定員外乗車違反 反則金…6,000円(普通車) 点数…1点
となります。

安全のために乗車人数を超えてはいけません。
定員オーバーは、車のバランスも悪くなり、
シートベルトをしない(出来ない)ことで危険性が増します
そして、それを…運転手に強要しないでくださいね…。
さらに言うならば、タクシードライバーの方々もはっきりと断ってくださいね。
前のタクシードライバーは、良いって言った!!と前例を
作ってしまうと面倒ですから。

ドライバーランキング

日々の出来事ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました